【PC版】一瞬でブラウザのキャッシュを削除する方法

ブログをやっている人の多くは、HTMLやCSSを独学で勉強している者も多いはずだ。
例外ではなく、私もそのひとりである。

ご存知かと思うが、サイトデザインを変えるため、サーバーに格納されているCSSコードを更新しても、更新前のCSSがキャッシュとしてブラウザに残っている場合、更新した内容が正常に反映されない。

通常の方法で(ブラウザの設定画面から)キャッシュを削除すると、非常に手間がかかるのだ。(後述)

実は、キーボードショートカットでキャッシュクリアが可能である!

独学で勉強した者たちにとって、これは盲点かもしれないので紹介する。

結論から言おう

Mac

⌘ command + R

Windows

ctrl + shift + R

【例外】
 ・IE:「ctrl」+「F5」
 ・Opera:「ctrl」+「R」または「F5」


Mac:
・Safari
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Google Chrome
・Fire Fox
・Opera

Windows:
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Google Chrome
・Fire Fox
・Opera

暇なら読んで欲しい

この記事を作成するに当たって、色々調べて分かったことなのだが、Macでは、「更新ボタン」を押せば、自動的にそのページのキャッシュがクリアされるらしい。

つまり、
「キャッシュが残ってて、CSSが反映されないわ!」
なんてことが、そもそも起こらないのかもしれない。

Macがクリエイターに絶大な支持を受ける理由は、このような細やかな配慮なのかもしれない。

さて、私を含めたWindowsユーザーに関しては、毎度こんなことをやっていたのではないだろうか。

[メニュー]をクリック

[設定]をクリック
[詳細設定]をクリック
[プライバシー] をクリック
[閲覧履歴データを消去する]をクリック
[クリアするデータを選択]をクリック
☑[キャッシュされた画像とファイル]を選択
[今すぐクリア]をクリック
キャッシュデータがクリアされる
サイトに戻る
Webページを更新する
やっと更新されたWebページが表示される!

いや、めんでぇわ!

私は、約2年間この作業をやり続けてきた。

キャッシュのクリアにどれほどの時間と労力を無駄に使ってきたのだろうか・・・

考えるだけで末恐ろしい。

キャッシュはクリアされたかもしれないが、代わりにストレスが残ってしまうじゃろがいxつdさsgdりれfおい!

この記事が参考になったら、是非ともシェアをお願いしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です